英語の勉強には洋書の多読がおすすめ

本を読むことが好きなら、英語の勉強には洋書の多読がおすすめです。

洋書は大型書店やAmazonで購入できます。

図書館もおすすめです。タダで洋書を借りられます。

これから洋書を読む、という人には「ラダーシリーズ」がおすすめです。

ラダーシリーズは英語学習者のための本で、多読に最適です。

古典の名作から、現代文学、ノンフィクション、ビジネスと幅広いジャンルの洋書が揃っています。

使用する単語が限定されていて、やさしい英語で読むことができます。巻末には単語の和訳が掲載されているので、分からない単語もすぐに調べることができます。

使用されている単語の難易度によって、中学生レベルのLevel1からLevel5まで5段階に分類されています。

  • レベル1: 中学校で学習する単語 約1000語
  • レベル2: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約300語
  • レベル3: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約600語
  • レベル4: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約1000語
  • レベル5: 語彙制限なし

最初はLevel1からはじめて、簡単すぎるなと思ったら1段階ずつ上げていくといいと思います。

1ページに知らない単語が1つ登場するくらいがいいと思います。あまり難しすぎると、単語を調べるのに時間がかかってしまい、本を読むことを楽しめず、続きません。

大切なのは楽しむこと、それが続けるコツです。