SBI証券のIPOチャレンジポイントはどんどん使ったほうがお得

SBI証券のIPOチャレンジポイントはどんどん使ったほうがお得

SBI証券でもらえるIPOチャレンジポイントはどんどん使ったほうがお得です。

SBI証券でIPOに参加すると、抽選に外れたときに「IPOチャレンジポイント」を1ポイントもらえます。

IPOチャレンジポイントは次回のIPOに申し込む際に使うことができます。

SBI証券ではネット抽選の70%が通常の抽選、残りの30%がIPOチャレンジポイントの使用数が多い順に配分されます。

通常の抽選は、申し込み口数による抽選なので、投入資金が多い人が有利です。

IPOチャレンジポイントは抽選に外れると使用した分が戻ってきて、新たに1ポイントもらえます。30%はIPOチャレンジポイントを多く使用した人から配分されるので、どんな人でも参加を継続していれば、いずれはIPOに当選するという仕組みです。

というわけで、IPOになかんか当たらない!資金がないから確率が低くてやる気が出ない!という人も、SBI証券なら継続してIPOに参加することで、いずれは必ず当選できます。

IPOならどの銘柄にも申し込む、というわけではなく、私はやさしいIPO株のはじめ方というサイトを参考にして、評価がB以上の銘柄にのみ申し込んでいます。当選したら、初値で売却します。