2019年に読んだおすすめの本(小説編)

2019年に読んだおすすめの本(小説編)
Photo by Thought Catalog on Unsplash

2019年に読んだ小説です。順番はざっくりとおすすめ順にしてあります。

テンペスト(池上永一)

19世紀の琉球王朝。嵐吹く晩に生まれた真鶴は、厳しい父の命に従い、男として生まれ変わることを決心する。名を孫寧温と改め、13歳の若さで難関の科試を突破。憧れの首里城に上がった寧温は、評定所筆者として次々と王府の財政改革に着手する。しかし、王室に仕える男と女たちの激しい嫉妬と非難が寧温の前に立ちはだかる……。伏魔殿と化した王宮を懸命に生き抜く波瀾万丈の人生が、春の雷のごとく、いま幕を開けた!

(Amazonより)